小満🌿

五月二十一日には二十四節気の「小満(しょうまん)」でした。

「小満」とは、陽気が良くなり、草木が次第に生い茂り、万物の成長する気(いのち)が満ち満ちていく頃のことだそうです。
草木も花も鳥も虫も獣も人も…すべてのものが日を浴びて輝く季節です。
e0353898_09535406.jpeg



[PR]
# by kumakuzinzya | 2018-05-24 09:54 | Comments(0)

晴天☀️

昨日の雨で空気が清められ、本日は透きとおった青空です☀️
e0353898_09353426.jpeg


五月の爽やかな風が境内を通り過ぎていきます。
e0353898_09364368.jpeg
e0353898_10265067.jpeg


今朝も遊歩道では、たくさんの方が散歩やジョギングをしてみえました。
今日、明日ともに、最高気温30度近くなる予報です☀️☀️☀️
熱中症対策をお忘れなく‼️




[PR]
# by kumakuzinzya | 2018-05-24 09:40 | Comments(0)

柏餅

本日は「柏餅(かしわもち」のお話です。
端午の節句に「柏餅」を食べるのも楽しみの一つですよね😊
柏餅とは餅を柏の葉でくるんだものですが、柏の葉は次の新芽が育つまでは古い葉を落とさないそうです。
そのことから「跡継ぎが絶えない」=「子孫繁栄」の縁起が良い木とされているそうですよ😊
e0353898_10561739.jpeg
「柏餅」には「子孫が絶えないように」という願いを込められているのですね😊

ちなみに…私は〝こしあん〟派です😁










[PR]
# by kumakuzinzya | 2018-05-11 10:56 | Comments(0)

立夏

五月五日は二十四節気の一つである「立夏(りっか)」です。
立夏とは次第に夏めいてくる頃のことであり、新緑の美しい季節🌿です。
この日から立秋の前日までが暦の上での夏🌻となります。

五月晴れの青空にたなびく鯉のぼり🎏
滝をのぼって龍になるという〝鯉の滝登り〟という中国の故事に由来しており、男の子の立身出世を願って鯉のぼりを飾るようになったそうです😊












[PR]
# by kumakuzinzya | 2018-05-05 22:00 | Comments(0)

端午の節句🎏

五月五日は「端午(たんご)の節句」です。
e0353898_21380337.jpeg
中国では古来、五月五日に野に出かけて薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んで、邪気を祓う行事が行われていたそうで、それが日本に伝わり、様々な風習が生まれたそうです。

また、端午の節句は〝菖蒲(しょうぶ)の節句〟とも呼ばれています。
元々は菖蒲を家の軒下や窓や門などに吊るしたり、菖蒲湯に入ったりして、菖蒲の香気で邪気を祓う行事が行われていましたが、「菖蒲」が「勝負」や「尚武(武勇や武道を重んじること)」という言葉に通じることから、特に「男の子の節句」として、〝子どもの健康を祈り、成長を祝う日〟とされるようになったそうです。

ちなみに、紫色の花菖蒲と菖蒲は別のものって知っていましたか?
名前は似てますが、花菖蒲はアヤメ科で、菖蒲はサトイモ科なのだそうですよ😳

現在では「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことを法定の趣旨として、昭和二十三年に制定された国民の祝日「こどもの日」でもありますね😊



[PR]
# by kumakuzinzya | 2018-05-05 21:42 | Comments(0)