雨水💧

二月十九日は二十四節気の「雨水(うすい)」です。
雨水とは、降る雪🌨が雨🌧に変わり、寒さがゆるみ、積もった雪や氷が解けて水になっていく頃のことであり、
春に向かっていく節目の時期で、立春後十五日目にあたります。

この頃は、雨水ぬるみ、草木の発芽🌱を促し、萌芽🌿のきざしが見えてくるということで、
昔からこの季節は農耕の準備を始める目安とされてきたそうです。

また、雨水の日にお雛様🎎を飾ると、良縁💕に恵まれるともいわれているそうですよ。
e0353898_14534710.jpeg

[PR]
# by kumakuzinzya | 2018-02-19 14:54 | Comments(0)

祈年祭⛩

本日二月十七日、全国の神社⛩では祈年祭(きねんさい)が行われています。
祈年祭とは「としごいのまつり」とも言われ、
私たちの主食である米(稲)の豊穣をはじめ、あらゆる産業の発展、国力の充実を祈願し、
また、皇室の御隆昌と国家・国民の安泰を祈るお祭りです。

なお、当社の祈年祭は三月に斎行致します⛩
e0353898_19294163.jpeg

[PR]
# by kumakuzinzya | 2018-02-17 19:29 | Comments(0)

須佐之男命と牛頭天王🐮

久麻久神社⛩の御祭神は、
須佐之男命、大雀命、熱田大神ですが、
今日は須佐之男命に関することをお話しします。

須佐之男命(すさのをのみこと)とは、天照大御神の弟神で、八俣の大蛇を退治した話は有名ですよね。
「八俣の大蛇(やまたのおろち)」の話はまだ後日ということで、今日は「習合神(しゅうごうしん)」についての話です。

「習合神」とは、他の神や神仏習合によって仏教の仏と同一視された神さまのことです。
「八幡神」や「稲荷さん」も習合神として広く信仰されています。

疫病😈をもたらすとして恐れられていた神に「牛頭天王(ごずてんのう)」という神さまがいます。
牛頭天王とは、インドから来た神さまで、頭に牛の頭を持つ疫病😈の神さまですが、
神仏習合によって須佐之男命と同一視され、また、仏教では薬師如来と同一視されたそうです。
最大の疫病神😈として恐れられていた牛頭天王ですが、
この神を祀ることで、その力は守護的に転化し、「疫病除け」「厄除け」の神として信仰されるようになりました。

当社も大宝年間に須佐之男命を勧請した際、「大宝天王宮」とも称されていたらしく、
木製の牛頭天王像(県の文化財)を所蔵しております。
この像は平安時代に作られたとされ、県下最古の神像彫刻だそうです。

なお、明治の神仏分離により、天王号は廃止され、旧名「久麻久神社」に復することとなりました。






[PR]
# by kumakuzinzya | 2018-02-15 10:38 | Comments(0)

春一番🌸

今朝のラジオで言ってましたが、
昨日、北陸で「春一番」が吹いたみたいですよ😊

「春一番(はるいちばん)とは、立春から春分の間に、初めて吹く南寄りの強い風(9m/秒以上)のことを言います。
これは能登や志摩の以西、壱岐の島の漁師さんたちが呼んでいた風の名前らしいですが、
歳時記や新聞で取り上げられるようになり、広まっていったそうです😳

「春一番」をはじめ、日本には2,000以上の風の名前があるそうです😳
「春風(はるかぜ)」「花風(はなかぜ)」「黒南風(くろはえ)」「薫風(くんぷう)」「涼風(りょうふう)」「野分(のわき)」
「金風(きんぷう)」「芋嵐(いもあらし)」「木枯らし(こがらし)」「空っ風(からっかぜ)」「おろし」 などなど…
このような風の名前は、農家の人たちや漁師さんたちが名づけたものが多いそうです。
風の名前から四季折々の自然を想像していると、
自然を愛し、自然に感謝し、自然とともに過ごしてきた日本人の“心の温かさ”が感じられますね😊

今冬は雪に悩まされている方が多いと思いますが、
「春一番」の知らせを聞くと、もうすぐそこまで春🌸が来ているような気持ちになって、ちょっと嬉しくなりませんか?







[PR]
# by kumakuzinzya | 2018-02-15 09:31 | Comments(0)

紀元祭⛩ & 清掃奉仕👦🏻👧🏻

本日、十一時四十分より 紀元祭を斎行しております。

本日は祭典前の九時より、
町内の子ども会による “神社清掃” の奉仕活動が行われました。
雨上がりで足元が悪い中、子どもたちは竹ほうきで参道を掃き清めてくれました。
e0353898_11524373.jpeg
e0353898_11530032.jpeg
このような活動を通して、神社⛩が身近な存在になってくれると嬉しいです😊
清掃奉仕、ありがとうございました😊

[PR]
# by kumakuzinzya | 2018-02-11 11:54 | Comments(0)